« キズナ ~Pray for JAPAN~ | トップページ | 吉野川市美郷にて »

2011年7月 7日 (木)

徳島県学校給食用牛乳パック

Gyuumyuu

徳島県の小中学校の給食用牛乳のパッケージをデザインしました。
実際に使われるようになるのは、夏休み明けということです。画像は、牛乳パックのデザインが変わりますという告知ポスターです。

なぜ牛乳パックのデザインを変えることになったかというと、徳島県の小中学校で飲まれている牛乳は徳島県産なのですが、それを知らない子供や保護者の方がたくさんいるということ。地産地消ということをもっと子供たちに知ってもらいたいということがはじまりです。

デザインについての要望は、
・タイトル(商品名)は徳島県産ということを印象づけることができること
・すだちくんを使うこと
・色は3色以内
この3点でした。

はじめに考えたのは、小学1年から中学3年までの9年間、子供たちはこのパッケージを見るということ。9年間も見るものなら、タイトルとすだちくんで十分徳島県産ということが理解でき、地産地消というものに興味をもってもらえるんじゃないかと思いました。そこで、タイトルは「とくしまの牛乳」とし、タイトルとすだちくん以外は、徳島県や牛乳を連想するようなビジュアルは使わないことにしました。

次に考えたのは、給食の時間ってどんなふうだっただろうということ。
自分が子供の頃は、給食のお盆、器、牛乳パック、全部がそっけないものでした。給食が終わるとお昼休みだから、友達と急いで運動場に出ていって遊んでいたのを思い出します。
子供は成長期だから1番は身体づくり。食べることと遊ぶこと。
給食の時間と牛乳をもっと好きになってもらえるように、運動場で遊ぶ「元気のみなもと」になるんだよというメッセージをこめて、給食に花をそえるようなデザインを目指しました。

|

« キズナ ~Pray for JAPAN~ | トップページ | 吉野川市美郷にて »

制作実績」カテゴリの記事

コメント

すごくかわいくて、飲むのが楽しくなるようなデザインですね。息子も喜んでいましたよー

投稿: | 2011年9月 9日 (金) 20時26分

ありがとうございます。自分も娘に喜んでもらいたいという気持ちがあったので、とてもうれしいです。

投稿: 近藤デザイン事務所 | 2011年9月 9日 (金) 22時01分

はじめまして!
私も小学生の子供を持つ保護者です。

原発事故後、給食で使われている牛乳は大丈夫なのかと
調べだしたころが、ちょうどこのデザインの牛乳に変わった時期でした。
可愛いパッケージになったと、子供がすぐに教えてくれました。

シンプルで優しくてとても素敵なパッケージだと思いました。

投稿: | 2011年11月25日 (金) 14時32分

ありがとうございます。
同じように給食の牛乳はどうなの?と調べられて、このページに来た方が何人かいます。
子どもには本当に安全でおいしものを食べてもらいたいなと思います。

投稿: 近藤デザイン事務所 | 2011年11月25日 (金) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳島県学校給食用牛乳パック:

« キズナ ~Pray for JAPAN~ | トップページ | 吉野川市美郷にて »